WordPressプラグイン「WP-Table Reloaded」のデザインを変更する(検索窓編)

Pocket

WordPressの「WP-Table Reloaded」というプラグインは表作りを簡単にしてくれて、ソートや表内の検索もできてしまうとても便利な仕組みとなっています。使い方も簡単ですし、CSVファイル取り込みもできますのでオススメです。使い方や設定については以下のページが参考になりました。

 
ミblog: ソート可能なテーブルを作成して設置できるWordPressプラグイン
れんこんと大根:「WP-Table Reloaded」プラグインの使い方めも

 
私の以下のページでも使っているのがそれです。
FFXIアートマ検索http://pc-price.com/?page_id=665

 

検索窓の部分のデザインが気に入らない

すごく便利なのですが、検索窓が右寄りになっているデザインがイヤなのでどうにかして変更したい!ということでググってみましたが、ピンポイントでそんなこと紹介してる記事が見つからないので、色んなファイルを漁ってできるようにしました。

WordPressのテンプレートデザインにも多少左右されると思いますが初期状態はこんな感じ。
なんか表にぴったりくっついちゃってる。いやーん。

 

 
ってなわけでソースを確認してこいつのスタイルシート部分を探ろうとしたら、ソースにこいつの部分が出てこない。私の環境だけかもしれませんが、出てこない。なんて寂しがり屋なスタイルシートなんだ。しょうがないのでプラグインフォルダから色々探って、たどり着いたのが以下のファイル。

…/wp-content/plugins/wp-table-reloaded/css/datatables.css

この「datatables.css」にある「.dataTables_filter」の部分。
 

.dataTables_filter {
width: 48%;
float: right;
text-align: right;
}

 
これが検索窓部分のスタイルシートっぽい。
これを私は以下のように変更。
 

.dataTables_filter {
font-size: 12px;
text-align: left;
}

 
こうしたら検索窓が左にきた!

 

検索窓、これ自体のデザインも変えてみよう

んで、検索窓の横にある入力欄。これのデザインもどうにかしたい。
いじるファイルはさっきと同じ「datatables.css」です。

入力部分に関わる<input>〜</input>に表示形式の制御が入ってなさそうなので、スタイルシートからいじることができず。(もしかしてどこかにある?)そのため、私は「.dataTables_filter」のあとの「input」に適用されるようにしてみました。
 

.dataTables_filter input {
font-size: 17px;
width: 250px;
margin: 10px 0px 8px 0px;
padding: 0px 0px 0px 0px;
background-color:#f0f0f0;
}

 

 
できた!
あとはお好みでデザインをしてもらえれば大丈夫と思います。
あ、画像は以下の文字部分の修正と、テーブルの背景色を変えたあとです。

 

「検索:」の文字を変えたい場合は?

ついでにこの「検索:」を違う文章にしたい!という場合は以下のファイル。

…/wp-content/plugins/wp-table-reloaded/languages/datatables/lang-ja.txt

この中にある以下の部分をお好きな文章にすればOKです。
 

"sSearch": "検索:", 

 
「”検索:”」の「検索:」部分を変更です。
私は「:」が邪魔に感じたので取っ払いました。

 

「検索:」←この部分のデザイン変更はたぶんこうやる…のかな

あと、オマケ。テンプレートによってはこの「検索:」が太字になっていたりすると思います。
これも直接いじれるスタイルシートがどこにも見当たらないので、もし太字イヤだ!という場合は以下のファイルをいじることで対応できます。

…/wp-content/plugins/wp-table-reloaded/js/jquery.datatables.min.js

この中の81行目あたりにある以下の部分。
 

c.className=a.oClasses.sFilter;c.innerHTML="<label>"+b+"</label>";a.sTableId!==""&&typeof a.aanFeatures.f=="undefined"&&c.setAttribute("id",a.sTableId

 
これの<label>〜</label>の箇所、ここが「検索:」表示される部分っぽい。
そんなわけでここにデザインできるようにclassを追加。

<label> → <label class=’search_css’> へ変更。

注意:「’menu_css’」は「」ではなく「」です。

そしてさきほどの「datatables.css」ファイルの中に以下のように設定。「search_css」が他のとかぶる場合はお好きなお名前でー。

.search_css {
font-weight:normal;
}

 
これで太字がノーマル状態になると思います、たぶん。

 

Pocket

ラトックシステム RAID可能HDDケース RS-EC32-U3Rを購入(USB3.0/2.0、Macで使用)

Pocket

ラトックシステムの高速USB3.0で接続できるRAID可能なHDDケース(3.5インチHDDを2台搭載可能)、「RS-EC32-U3R」を購入しました。ケースのみなのでHDDは別途購入する必要があります。

HDD2台だけですが、RAIDは「RAID 0(ストライピング)」または「RAID 1(ミラーリング)」にすることが可能です。その他のモードは「JBOD(スパンニング)」「SINGLE(HDD個別使用)」を使うことができます。私は余ったHDDを活用するために「RAID 0」のストライピングを使うことにしました。この製品を選んだのはMac 10.8でも使用可能、というが書かれているからなんですよね。あとはRAIDにするためのソフトウェアがMac用も準備されている、ということです。(同封はされておらずサイトからダウンロードが必要)

ラットシステム:USB3.0/2.0 RAIDケース(HDD2台用) RS-EC32-U3R

 

Mac用ソフトウェア:RAIDManager

 
Mac用のソフトウェアをダウンロードして起動させると上記のような感じに。RAID作成はどれかを選んで「作成」とすると数分で構成が終わりました。今回は1.5TBと1TBのHDDを入れて「RAID 0」を選んだので容量は2TBになります。(少ないほうの容量に合わせて構成されるため)

そのあとMacにマウントされずに「なんでー?」と思いましたが、構成だけでフォーマットまではしていない様子。ということでディスクユーティリティの「消去」から「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」を選択してハードディスクをフォーマットして使えるようになりました。

HDDはバッファローの外付けHDDを2台持っていたのですが、別々な使い方をしていてなんだかその運用のやり方が面倒になったので分解して別のケースに入れてやろう!と思ったのでこのケースで使うことにしたのです。分解は手間取りましたが、HDDの中身はどちらもSAMSUNGだったのでちょっと凹む…( ´・ω・`)

そのあとデータをぼんぼん入れましたが、ストライピングということもあり書き込みはいい感じに速い!ということで「Blackmagic Disk Speed Test」のアプリでディスクスピードも計測してみました。結果は以下のようになります。

 

App Store:Blackmagic Disk Speed Test(無料:2013年2月11日現在)
WRITE:163.5MB/s、READ:152.3MB/s(RAID 0 構成)

 
余ったHDDを活用するのには便利ですよね。このケースの詳細なスペックは以下の通りです。

 

USB3.0 RAID HDDケースを入手するにはこちらから!

製品名USB3.0/2.0 RAIDケース(HDD2台用)
メーカーラトックシステム株式会社
型番RS-EC32-U3R
動作モードRAID1(ミラーリング)
RAID0(ストライピング)
JBOD(スパンニング)
SINGLE(2台のHDDを個別に認識、1台のみ装着することも可能)
対応HDD3.5インチ SATA HDD
薄型タイプのHDDには対応していません。
以下機種をご使用の場合は、「当社製RAIDケース RS-EC32-U3R とWesternDigital 社製HDDを組み合わせてご使用のお客様へ(PDF)」をお読みください。
WesternDigital WD2500AAKX / WD3200AAKX / WD5000AAKX
対応ファイルシステムNTFS・FAT32
FAT32をご使用の場合、以下の制限があります。
4GBを超えるファイルは扱えません。
2TBを超えるボリュームは作成できません。
RAIDコントローラFujitsu Semiconductor MB86E501A
バスインターフェイスUSB3.0 Specification Revision 1.0
接続コネクタ対パソコン:USB3.0 Standard-B
対ドライブ:SATAシグナルコネクタ7ピン、SATA電源コネクタ15ピン
転送速度 (理論値)SuperSpeed 5Gbps、High-Speed 480Mbps
USBクラスUSB Mass Storage Class Bulk-Only Transport
ホットスワップ(RAID1)HDD障害発生時、PCや本製品の電源をOFFすることなく、HDDを交換可
オートリビルド(RAID1)HDD交換後、自動的にリビルドを開始。PC電源をOFFにしても、リビルドは継続。
PC電源連動PCの電源がOFF、もしくはスリープや休止モードのとき、HDDの電源をOFFにし、 低消費電力モードへ移行。
ブザーHDD抜挿/HDD異常/RAIDシステム異常の検出時にブザーで通知。
DIPスイッチ1:ブザー設定
2:PC電源連動設定
セキュリティスロット搭載(本体背面)
データ暗号化ハードウェアAES暗号化(XTSモードサポート)
電源電圧(ACアダプタ)入力:AC 100V 出力:DC +12V/3.0A
消費電力AC100V 13W(待機時)
HDDへの電源供給能力HDD1台あたり最大17W(アクセス時)
DC +12V +5Vの合計消費電力
外形寸法81(W)×123(H)×177(D)mm(突起部含まず)
材質アルミ・プラスチック(ABS樹脂)・鋼板
重量約770g
添付品製品本体
USB3.0ケーブル(約1m)
ACアダプター(12V/3A)
ソフトウェアCD-ROM
ユーザーズマニュアル
保証書(1年)
添付ソフトウェア(Windows用)RATOC RAID監視マネージャー(RAID監視、暗号化、省電力設定)
RATOC Fast USB(高速化ドライバーソフト)
ソフトウェア(Mac用)RATOC RAID監視マネージャー(RAID作成・監視)
サイトからダウンロードが必要
対応機種USB3.0もしくはUSB2.0ポートを装備したWindows PC / Mac
USB2.0 HDDが接続可能なテレビ、 torneTM
※SINGLEモードには対応していません。
対応OSWindows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows XP(32ビット/64ビット両対応)
Windows Server 2008 R2
MacOS X 10.8、10.7.4
※Mac OS X 10.8で本製品を接続した状態のまま再起動をおこなうと、再起動後、本製品が認識されない場合があることを確認しています。
JANコード4949090751231
価格7,980円(税込)(価格はドスパラ)

製品仕様はサイトを参考にしています。2013年2月11現在の情報

USB3.0 RAID HDDケースを入手するにはこちらから!
搭載するHDDも一緒に選んでみよう!

 

Pocket

iMac 27インチ(Late 2012)のBoot CampでFFXIV(FF14)ベンチマーク測定

Pocket

ついでなのでFFXIV(FF14)のベンチマークもやってみましたー。

iMac27インチのスペックは、Intel Core i7 プロセッサ 3.4GHz、1TB Fusion Drive、メモリ 32GB、NVIDIA GeForce GTX680MX 2GB(アルティメットモデル)になります。メモリは自分で増設しています。詳細なスペックは下のほうに載せております。

こちらもFFXIのときと同じく、VMWare Fusion 5ではエラーが起きてまともに動かないので、Boot CampにWindows 7を入れ直てから試してます。FFXIVはベータ版も少しやって公開後もディスクを購入してしばらくやっていましたが、なんとなく馴染めなくてやめちゃったんですけどね( ´・ω・`)別のPCの頃のお話です。

さぁ、肝心のスコアは以下の通り!

FINAL FANTASY FFXIV(FF14)のベンチマークの結果
Low:6784(1280 x 720)
High:5149(1920 x 1080)

●iMac 27インチ(Late 2012 アルティメットモデル)
 CPU:Intel Core i7 プロセッサ 3.4GHz
 HDD:1TB Fusion Drive
 メモリ:32GB(8GBx4、1600MHz DDR3メモリ、ドスパラで購入)
 グラボ:NVIDIA GeForce GTX680MX 2GB GDDR5 メモリ
 起動:Boot Camp(Ver 5.0.1)
 OS:Windows 7 Professional 64ビット(6.1 ビルド7601)Service Pack 1

ファイナルファンタジーXIV オフィシャルベンチマーク
http://www.finalfantasyxiv.com/media/benchmark/jp/

スコアが5500〜7999だと「とても快適な動作が見込めます。」となるので十分に遊ぶことができますね!ただ、今は新生エルオゼアが出るのを待っているときですので新しいFF14の頃にはそれに合わせたベンチマークが出るんでしょうね。それが出たら試してみようー。

公式サイト:FINAL FANTASY FFXIV http://jp.finalfantasyxiv.com/

 
追記(2013年6月8日)
VMware Fuisonで「FF14 新生エオルゼア ベンチマーク ワールド編ベンチマーク」を動かそうとした記事を書きました。2013年6月8日時点では動かないデス…。

iMac 27インチ(Late 2012)のVMware FusionでFFXIV(FF14)は動かないかも

 
追記(2013年6月23日)
Final Fantasy XIVの新生エオルゼアのベータ版は遊ぶことができました。

【画像】iMac 27インチ(Late 2012)でFF14 ベータ版が遊べた!(VMware Fusion)

 
 
今回購入した iMac 27インチ(アルティメットモデル)のスペックはこちらです。

iMac 27インチ

PC名iMac 27インチ 3.4GHzモデル(アルティメットモデル)
メーカーApple
型番-
CPUIntel Core i7 プロセッサ 3.4GHz
クアッドコア、Turbo Boost使用時最大3.9GHz
HDD1TB Fusion Drive
メモリー容量:8GB(4GBx2、1600MHz DDR3メモリ、最大32GBをサポート)
ユーザーがアクセスできるSO-DIMMスロット x 4
グラフィックボードNVIDIA GeForce GTX680MX 2GB GDDR5 メモリ
モニターIPSテクノロジー搭載27インチ(対角)
LEDバックライトディスプレイ
解像度2560 x 1440
接続および拡張性SDXCカードスロット
USB 3.0ポート x 4
Thunderboltポート x 2
Mini DisplayPort出力でDVI、VGA、
デュアルリンクDVI接続に対応(アダプタは別売り)
10/100/1000BASE-TギガビットEthernet(RJ-45コネクタ)
入力Apple Wireless Keyboard
Magic Mouse
Magic Trackpad
ワイヤレスWi-Fi
802.11n Wi-Fiワイヤレスネットワーク接続
IEEE 802.11a/b/gに対応

Bluetooth
Bluetooth 4.0ワイヤレステクノロジー
電源100〜240V AC
サイズ高さ:51.6 cm
幅:65.0 cm
スタンドの奥行き:20.3 cm
重量9.54 kg
価格222,800円(税込)

 
メモリはこれを購入しました。これを4枚購入して 32GB にしています。


高速で大容量のメモリを入手するにはこちら!

製品名JM1600KSH-8G (DDR3 PC3-12800 8GB)
メーカーTranscend
型番JM1600KSH-8G
容量8GB
規格PC3-12800
モジュール204pin SO-DIMM
速度DDR3-1600 (1600MHz)
相性交換保証DJメール会員のみ1ヵ月
弊社保証規定メーカー永久保証
価格4,290円(税込)

 

Pocket