Canon EOS 6DとEOS D7の違いをアレコレまとめた(一眼レフカメラの購入を考え中)

Pocket

新しい一眼レフカメラが欲しくて色々検討中なのです。現在持っているのはCanon Kiss X4、エントリーモデルですね。現在はKiss X7まで出てるのだから進化が早い!

そして物欲も湧いて次の一眼レフカメラが欲しくなってきたのです。そこでもう少し奮発して上のモデルを!と思い、Canonの一眼レフカメラの一覧表を眺めてます。

Canon:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ商品一覧(EOS)

 

欲しい一眼レフカメラはCanon EOS 6DかEOS D7

一覧表にあるプロフェッショナルモデルのCanon EOS 1D Xは一流のプロカメラマンが使い、知識もノウハウも熟したベテランでないとムリです。それに60万円以上するから金銭的にもムリです!というわけで次選ぶとしたらハイアマチュアモデルかなーと。この中のどれかですがこちらもプロカメラマンがよく使うのも混じっているので私のような素人が持つと恥ずかしい目にあうのもあるのです。(免許取りたての小僧が高級スポーツカーを買うようなもの)

でもそんな恥ずかしい目に合うのもいいかぁ、と思いつつも選びたくなるのがCanon EOS 5D Mark IIIです。これはCanon EOS 5D Mark IIというカメラ業界だけではなく映像業界にも衝撃と革命を起こした歴史的名機の後継機なのです。当然機能も仕上がりも何もかも素晴らしいカメラ。そして価格はボディだけで約30万円くらい。うん、ムリ!

というわけで私の中で絞り込まれたのが、Canon EOS 6DCanon EOS 7Dなのです。

 

大きく違うのは有効センサーサイズ(撮像素子)の大きさ

Canon EOS 6DCanon EOS 7Dは型番の数字と見た目だけ見ると違いがよく分からず悩んでいたのですが、決定的に違うのが有効センサーサイズ(撮像素子)というサイズ。

Canon EOS 6D:約36.0×24.0mm(35mmフルサイズ)
Canon EOS D7:約22.3×14.9mm(APS-Cサイズ)

これだけ見てもまだ「?」だった私はもう少し調べて、フルサイズとAPS-Cサイズの違いを調べたのです、偉いね私。そして分かりやすかったのが以下の記事。(引用にて)

撮像素子の大きさは、大まかに以下の3種類に分けられます。

satuzousosi

まず、35mmフルサイズと呼ばれる規格は、上の青い大きさで、24mm×36mmという一般的な35mm判フィルムの大きさです。一番大きい撮像素子で、高画質で撮影できる分値段も高く、一部の高級一眼レフカメラしか採用していません。

次に緑色のサイズで、23.4mm×16.7mm程度の大きさの撮像素子のことを、APS-Cサイズのフィルムに近い大きさのことから「APS-Cサイズ」といいます。比較的値段の手ごろな入門機、中級機のデジタル一眼レフカメラに採用されています。

デジタル一眼レフカメラ入門初心者講座/フルサイズとAPS-Cサイズ

このように有効センサーサイズ(撮像素子)の大きさが圧倒的に違うのです。Canon EOS 6Dはフルサイズ、Canon EOS D7はAPS-Cサイズになります。そして、その差は2倍!

 

搭載されている映像エンジンの性能差がすごい

Canon EOS 6DとCanon EOS D7は搭載されている映像エンジンが違います。Canon EOS D7のほうが型番の数字から新しいのが搭載されている、かと思ってしまいますが、Canon EOS 6Dのほうが新しいのです。そのため、映像エンジンはCanon EOS 6Dが上です。

Canon EOS 6D:DIGIC 5+
Canon EOS D7:デュアルDIGIC 4

このDIGIC 5+とDIGIC 4の映像エンジンにはすごい差があるのです。その差について以下の記事の開発者インタビューで詳しく語られています。

田中:画像処理エンジンが今度またDIGIC 5になってさらに「5+」ということなんですが、この「プラス」っていうのはどういう意味なんですか? 2つだから、デュアルだからプラスなのか。それは違うんですね?

松本:いや、違います。そもそもDIGIC 5自体がDIGIC 4に対してすごく技術革新をしています。

田中:飛躍的にアップしてる。

松本:これが実はですね、10年ちょいぐらい前に開発された新しい理論でもって画像処理を行うという新しいチップでして、それで約7倍の処理能力を持っているのがDIGIC 5です。

田中:DIGIC 4から5になって何倍?

松本:約7倍です。さらに「プラス」にすることでそれの約3倍。だから全部で約17倍の。DIGIC4から17倍の処理能力を持ったのがDIGIC 5+になります。

田中:17倍にスピードアップしたメリットは? 一番効くのはなんですか?

カメラマンWeb ザ・開発者インタビュー – キヤノン EOS-1D X part2

DIGIC4の17倍の処理能力を持つのがDIGIC 5+!すごい!Canon EOS D7はデュアルDIGIC 4なので単純に17倍の差があるというわけではないけどそれでもすごい!17倍にスピードアップしたことによるメリットについては記事の続きを読んでみてください。読むとDIGIC 5+搭載のが欲しくなる、間違いない。

 

Canon EOS 6DとCanon EOS D7は価格が違う(ボディのみ)

こうした違いもあってこの二台は価格も大きく違うんですよね。2013年6月2日現在の価格.comの値段は以下の通り。(レンズを除いたボディだけの価格)

Canon EOS 6D ボディ:145,400円
Canon EOS D7 ボディ:93,200円

本体価格だけで1.5倍くらい違いますね。予算があればCanon EOS 6Dを選びたいところですが、ここはお財布次第…。

 

Canon EOS 6DとCanon EOS D7は連続撮影速度が違う

でも、何においてもCanon EOS 6Dが優れている!というわけではなく、Canon EOS D7のほうが優れている部分もあります。それは連続撮影速度です。これを比較すると以下の通り。

Canon EOS 6D:最高約4.5コマ/秒
Canon EOS D7:最高約8コマ/秒

約2倍違うんですよ。この連続撮影速度の違いで使い用途も変わってきます。EOS D7はこの高速な連続撮影速度を活かして野球やサッカーなどのスポーツやモータースポーツといったシャッタースピードが求められる場合にとても有効なのです。この速度だと野鳥の飛び立つ瞬間とかも捉えやすいですね。

 

Canon EOS 6Dが欲しいけど…Canon EOS D7かな

まだお互いが優れている点もいくつかあるし、レンズの違いもありますのでそのあたりはまた別途まとめようかと思います。本当はフルサイズのEOS 6Dが欲しいけど、予算オーバーなのと、この高速なシャッタースピードが好きなので今はEOS D7を選ぼうかなーと。他にもレンズのこともあったりと。(・ω・)

次回は装着できるレンズの違いを中心にまとめてみますー。
 

Pocket

Comments are closed.